運動をすると寝つきがよくなる?

夜に睡眠中には、脳に位置する下垂体から成長ホルモンの分泌が促進されるので、特に子どもにとってしっかりと睡眠をとる事は大切なことです。
「寝る子は育つ」と耳にしますが、これは脳科学的たち位置からでも正解なのです。

すぐに眠りに就くには昼間、エクササイズをしたり、散策したりと体をはたらかせることです。ついでながらこのバソプレシンは、小さい頃は夜中でもそこまで出されないことがあります。

 退職し、日中の運動量が疲れ果ててないせいではないかと思われていました。ですが、近頃はしたがって、子供と同じように大人も疲れを次の日にのこさないために寝ることは大切なのです。
しかしながら、歳を重ねると布団に入ってもすぐに眠れない寝る事が出来ない、眠っても夜中に起きてしまう、といった人が増加しています。おねしょをする子はほとんどがバソプレシンが足りていません。その場合は、夜に無理やり起こし排尿指せると、さらにリズムが崩れてしまうので、早寝早起きを意識し、昼には体力を消耗指せ眠るという規則正しい毎日を過ごせば、小学校に上がるまでには治まるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>