熱中症に注意!真夏の危険な要素とは

そして、体温を測り平熱より一度以上高いケースでは熱中症の惧れが高いと考えられます。軽度の場合は一定期間安静にすれば治まりますが、40度以上の高熱、けいれんも見られた際には即座に病院へ行って下さい。毎年夏が来るたびに熱中症により気分が悪くなり医者に診てもらったり、救急車で搬送される人が1日で数百人、数千人に上ったというニュースをしばしば目にする機会があります。
特に年配者や子どもの場合、体温調整が上手くできないので、熱が体の中でこもってしまいやすいですし、本人が気づかないといったこともあるため、周囲の人が注意する必要があります。これら外的要因と内的要因が重なったときに熱中症が起こる確率が高くなります。

ですので、気温が梅雨の期間中は涼しかったのに梅雨も終わる7月ごろに急激に気温が上がってしまう事で体が順応することができず、熱中症に寄り具合の悪くなる人が一気に多くなるでしょう。
しからば、熱中症になるのを防止するには何に注意すれば良いと考えますか。

最も効果的なのは、こまめな水分の補給をおこなうことです。

喉が渇いていないときでもこまめにお茶や水を飲みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>