早起きを継続するための訓練

前頭前野をトレーニングする事は、利発になるということと関係があります。
「聡明になる」というと複雑な本を見たりおぼえこんだり、といった印象を持っている方も多いかも知れません。しかしながら、それはあくまでも「知識を貯蓄指せる」のみであり、前頭前野をアクティブにして、物事をプラスに考えたり、意思決定を行うのに有用なのではありません。
それでは、前頭前野はどうすれば訓練できるのでしょうか?「概日リズム」という単語を耳にしたことがありますか?概日リズムとは、ざっくりというと24時間周期である生体リズムのことをさします。
この「およそ」というのが手強く、実のところ、人体はこのままでいると25時間周期の生活のリズムになるようにできています。とどのつまりは、1日をきちんと24時間の周期で暮らすこと自体が、とっくの昔に「脳で身体を支配している」状態になっているのです。それから、この体内時計を25時間から24時間にチェンジするために欠かせないのが「太陽の光」です。「心」を「脳」に取り換えて考えてみてちょうだい。
当書が書かれた江戸時代においてはそれ程明らかになっていなかったことですが、身体を操作しているのは、実は脳といって過言はないでしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>