寝つきをよくするためのストレス軽減術

男性の場合なら、論理的に考える傾向が見れるため、冷静に話を聞いて、気分を害するようなことを言ってしまう事が予想されます。聞いてもらいたいだけのはずが、さらに嫌な気分になり、ケッカになってしまいます。

愚痴を吐き出す相手は同性にするべきでしょう。しかしながら、我慢できないことが連続することもあります。
心にトーンと暗くのしかかり、夜眠りにつくことが出来ない。

すなわち、ストレス状態にあると言う事です。ストレスによる眠れない日がつづくと、場合によると鬱になってしまいます。鬱になると、寝すぎてしまう「過眠」といった症状が現れることもあります。
立とえば、女性の場合、一般的に男性にくらべて、うまくコミュニケーションをとれるので、同性の方にその日あったイヤなことを話してぶうたれることをお奨めします。

しかし、このような場合に、夫や彼氏などに話すのは辞めましょう。夜、ベットルームに入っても即座に寝付けない。

もやっとした時を過ごした挙句、太陽が昇るころに何とか寝ることが出来、遅刻するような時間にしか朝目覚めない。そんな悩みありませんか?寝れない所以は人それぞれでしょうが、一日が充実しており、心も体も良い加減に疲労しているなら、就寝することはそんなに難しくないでしょう。

ですが、今の時代はストレスフル。

そんな容易に眠るにつける時代ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>